卵巣がんの症状

卵巣がんの症状

卵巣がんは自覚症状に乏しく、「サイレントキラー(無言の殺人者)」と称されています。自覚症状の多くは、加齢や食事制限、閉経の影響によって起こる一般的な症状とよく似ているため、早期発見が難しくなる場合があります。また、ホルモンに関連した症状が見られる場合もあります。

卵巣がんの症状には以下のようなものがあります。

ウエストサイズが大きくなった

ウエストサイズが大きくなった

お腹に不快感がある

お腹に不快感がある

お腹に膨満感がある

お腹に膨満感がある

月経が不順

月経が不順

閉経したはずなのに出血がある (不正出血)

閉経したはずなのに出血がある (不正出血)

頻尿などの排尿習慣の変化

頻尿などの排尿習慣の変化

足のむくみ

足のむくみ

食欲がない

食欲がない

体力の低下

体力の低下

痛み(腰痛・腹痛)

痛み(腰痛・腹痛)

高熱

高熱

卵巣がんの検診

検診とは、症状がない健康な人に検査を行うことで、病気の早期発見を行うためのものです。
現在、卵巣がんには有効とされる検診方法がなく、国の指針も定められていません。つまり卵巣がんに関しては、科学的に根拠のある検診方法が確立されていないのが現状です。
気になる症状がある場合には早めに受診することが大切です。

全てのロゴ、登録商標、および外部ウェブサイトのコンテンツは各所有者に属します。