遺伝学的検査について

遺伝学的リスク

下の表に示したような卵巣がんと関連がある多くの遺伝子が見つかっています(表1)
中でもBRCA1 および BRCA2の2つの遺伝子が有名であり、これらの遺伝子はいずれもDNAの修復に不可欠の要素と考えられています。
BRCA1BRCA2遺伝子に変異がある場合は卵巣がんだけでなく、乳がん、膵臓がん、前立腺がん、そして直腸がんなどを発症するリスクも高まると言われています。

※ 三木義男, 産科と婦人科 2015; 82: 599-604

表1 卵巣がんと関連がある遺伝子

卵巣がんと関連がある遺伝子

Apostolou A, et al. Biomed Res Int 2013; Article ID 747318より改変
Meindl A, et al. Dtsch Arztebl Int 2011; 108:323-330より改変

全てのロゴ、登録商標、および外部ウェブサイトのコンテンツは各所有者に属します。