卵巣がんの治療

一人ひとりの治療計画

卵巣がんといっても、タイプは一人ひとり異なります。医師は、卵巣がんの分類や組織型、進行期のほか、家族歴なども考慮して最良と考えられる治療を提案します。治療の内容はどのようなものか、治療によって期待されることはどのようなものか、など分からないことがあれば納得できるまで何でも質問し説明してもらいましょう。
卵巣がんの治療法として、手術療法、抗がん剤治療(化学療法、分子標的薬)、放射線治療などがあります。

手術

がんを取り除くために行う治療で、抗がん剤治療の前に行うのが基本です。しかし、がんを完全に摘出できないと予想される場合は、先に抗がん剤治療を行ってがんを小さくしてから手術を行うことがあります。手術中にがんがお腹のあちこちに広がっていることが分かった場合は、できるだけ多くのがんを摘出する手術(腫瘍減量術)を行います。

抗がん剤治療

卵巣がんは他のがんと比べて抗がん剤がよく効くがんで、手術をした後に抗がん剤治療(化学療法)を追加するのが基本です。

抗がん剤治療は分裂の早い細胞に作用する性質を持つ薬(抗がん剤)を投与することにより、がん細胞を死滅させる治療です。卵巣がんの進行期や組織型などに応じて様々な化学療法が行われます。

抗がん剤治療の選択肢

卵巣がんの抗がん剤治療は多くの場合、2つの薬を併用して進められます。ひとつはプラチナ製剤と呼ばれる種類の薬で、がん細胞内でDNAが作られないようにしてがん細胞を死滅させると考えられています。もうひとつはタキサン系製剤と呼ばれる薬で、がん細胞が分裂できないように作用します。作用の仕方が異なる薬を一緒に使うことによって、効果を強めることができます。

分子標的薬

分子標的薬は、がん細胞の中にある特定の物質(分子)の働きを妨害することによって、がん細胞の増殖や転移を抑える薬です。化学療法と一緒に使ったり、化学療法が終わった後に使ったりします。

抗がん剤・分子標的薬の投与方法

静脈内化学療法

点滴や注射などにより静脈内に薬を入れる方法です。化学療法では最も一般的な投与方法です。

治療による副作用

副作用とは治療に関連して起こる身体的・精神的に有害な反応です。手術や薬物治療による副作用は個人差がとても大きく、出現するかしないか、程度が軽いか重いか、持続期間が短いか長いかなど、患者さん一人ひとりで異なります。
ここで紹介されている症状や変化、それ以外に気になることがありましたら主治医に相談しましょう。予防や治療(対処)については医療スタッフから説明を受けましょう。

疲労

酸素を運搬する赤血球(血液の一種)を作る能力が一時的に低下して貧血を起こすことがあります。貧血になると、酸素が十分身体に行き届かなくなり、心身の疲労感や脱力感の原因となります。

吐き気・嘔吐

現在は制吐剤などの支持療法の進歩などによりかなり改善されています。日常生活での対処法について医療スタッフから説明を受けましょう。

過敏性反応

  • 皮膚の変化・・・赤くなる、蕁麻疹が出る、かゆくなる
  • 消化器の症状・・腹痛、急に便意を催してトイレに行きたくなる
  • 呼吸器の症状・・息苦しさ、血液中の酸素濃度の低下、咳がでる
  • 循環器の症状・・低血圧/高血圧、脈が極端に早くなる/遅くなる
  • 痛み・・・・・・胸や背中、腰の強い痛み

アレルギーによく似た(厳密には違うとされています)反応として過敏性反応が出現することがあります。重症化することもありますので気になることがありましたら、必ず主治医に相談しましょう。

骨髄抑制

副作用で最も重要なもののひとつに骨髄抑制があります。白血球、赤血球、血小板などの血液の成分がそれぞれ一時的に減少します。これによって細菌に感染しやすくなり、熱が出たり貧血になったり出血しやすくなったりします。重症化することもありますので気になることがありましたら、必ず主治医に相談しましょう。

腎障害

腎臓の働きが悪化する腎障害が発現することがあります。

腎障害には治療開始から数日以内に発現する即時型と、治療を長く続けることで発現する蓄積毒性型があります。血液検査で腎機能を確認します。

全てのロゴ、登録商標、および外部ウェブサイトのコンテンツは各所有者に属します。