• ホーム
  • どのような検査をするのでしょうか

どのような検査を
するのでしょうか

診断のための検査

卵巣がんが疑われる場合は以下の検査が行われます。いつもと違う症状が続くときは、ためらわずに主治医に相談しましょう。また、ご家族(血縁者)の中にがんに罹られた方がおられる場合は、そのことも主治医に伝えましょう。

  • 問診

    症状・月経歴・既往歴・家族のがん罹患状況を確認します。

    婦人科的内診

    膣からの診察で異常がないかどうかを調べます。この検査だけで卵巣がんが早期に発見される可能性は多くはないのですが、婦人科臓器全般の異常を発見できる可能性があります。

  • 腹部触診

    お腹全体の所見や痛みをみます。

    直腸診

    婦人科的内診と同様に、直腸内からの診察で異常がないかどうかを調べます。

    超音波(エコー)検査

    超音波を用いて卵巣や周辺臓器に異常がないかどうかを調べる検査です。膣から行う経腟超音波検査とお腹の上から行う経腹超音波検査があります。

  • CA125検査

    血液中のCA125という物質の量を調べる検査です。CA125は腫瘍マーカーと呼ばれ、卵巣がんの細胞から血液中に放出されるので、この検査によって卵巣がんが体の中にあるかどうかが推定できます。ただし、他の病気でもCA125が上昇することがあるため、この検査だけで卵巣がんと診断することはできません。他の検査と組み合わせて卵巣がんの診断に用いられます。CA125の他にも、CEA、AFP、CA19-9や各種ホルモン値が測定されることもあります。

  • MRI検査

    磁気を利用して、体の断面を撮影する検査です。骨盤内にある臓器を正確に写し出すことができ、卵巣の腫瘍が良性か悪性かを推定するのにも使用します。

    CT検査

    X線を利用して、体の断面を撮影します。がんが周辺の組織に広がっていないかどうか、転移していないかどうかを調べるのに使用します。

  • PET-CT検査

    陽電子という粒子を利用して、腫瘍組織でのブドウ糖の取り込み具合を画像化する検査です。がん組織は正常な組織に比べてブドウ糖を多く取り込む性質をもっているので、その取り込み具合によって腫瘍が良性か悪性かを推定します。転移の可能性を調べることもできます。

【ポイント】

  • 腫瘍の存在・腫瘤径の確認は、経膣超音波検査にて行う。
  • 腫瘍の悪性度は、腫瘍マーカー値、MRIやCT検査により術前診断(推定)する。
  • 最終的な確定診断には、手術による組織診断が必須。

先生とお話する前に

受診時には医師の話をよく聞き、
分からないことは積極的に
質問をしましょう

受診する前に準備をしておくと医療スタッフに質問する際、役立ちます