チーム医療について

チーム医療について

卵巣がんの診断・治療の過程で、医師や看護師をはじめ、たくさんの医療スタッフが関わります。これらの医療スタッフは、それぞれの専門分野の知識や経験を活かし、チームとして一緒に治療を進めていきます。

主治医

身体の異常・不調を感じたとき最初に受診するのが、いわゆるかかりつけ医、つまりクリニックなどの医師です。かかりつけ医(主治医)は、より専門的な治療が必要と判断した場合、専門医に紹介します。

産婦人科医

定期的に産婦人科を受診している方もいると思います。産婦人科を定期的に受診することで、ちょっとした体調不良の裏に隠れている病気を早期に発見できる可能性があります。

婦人科腫瘍専門医

婦人科腫瘍専門医は卵巣、子宮など女性生殖器のがんに関する専門医です。卵巣がんが疑われる場合には主治医や産婦人科医から婦人科腫瘍医に紹介されます。

精神科医

卵巣がんと診断されて動揺したり、これからの治療や生活に不安を覚えたりした場合には不安を和らげるために精神科医を受診することもひとつの方法です。主治医に相談し紹介してもらいましょう。

遺伝診療の専門家(臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラー)

がんと遺伝の関係が気になったときは、遺伝診療の専門家へ相談することもできます。主治医に相談してみましょう。

栄養士

栄養士は食事と栄養の専門家です。食事の工夫や栄養指導などにより、しっかりと食べて前向きに治療に取り組めるように手助けします。

看護師

患者さんのケアに直接かかわる医療スタッフです。医学的な情報の説明や症状のケア、主治医に言いづらい質問や気持ちの伝達役になってくれるなど、身近で治療を支援してくれます。

認定看護師(がん化学療法看護)

抗がん剤などのがん薬物療法を受ける患者さんに対して水準の高い看護を実践できると認定された看護師です。抗がん剤などの薬を安全に投与できるように管理したり、副作用に対して適切に対処したり、主治医とともに患者さんとご家族が治療に向き合うためのサポートを行います。

薬剤師

医師の処方せんに基づいて患者さんに薬を渡し、薬の使い方についての説明を行う薬の専門家です。また、薬の飲み合わせに問題がないかどうかの確認を行ったり、点滴薬や注射薬の調製などを行ったりします。

がん薬物療法認定薬剤師/がん専門薬剤師

抗がん剤などのがん薬物療法についての高度な知識、技術、経験を備えていると認定された薬剤師です。抗がん剤などの投与量や治療スケジュールに間違いがないか確認したり、副作用をより少なくできるような薬物療法を医師に提案したり、患者さんに薬物療法についての詳しい説明を行います。

患者さん

主治医

産婦人科医

婦人科腫瘍専門医

腫瘍内科医

精神科医

遺伝診療の専門家(臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー)

栄養士

看護師

がん薬物療法認定薬剤師/がん専門薬剤師

薬剤師

認定看護師
(がん化学療法看護)

各医療スタッフの詳細は、スタッフのアイコンをクリック

身体の異常・不調を感じたとき最初に受診するのが、いわゆるかかりつけ医、つまりクリニックなどの医師です。かかりつけ医(主治医)は、より専門的な治療が必要と判断した場合、専門医に紹介します。

定期的に産婦人科を受診している方もいると思います。産婦人科を定期的に受診することで、ちょっとした体調不良の裏に隠れている病気を早期に発見できる可能性があります。

婦人科腫瘍専門医は卵巣、子宮など女性生殖器のがんに関する専門医です。卵巣がんが疑われる場合には主治医や産婦人科医から婦人科腫瘍医に紹介されます。

腫瘍内科医は、がん薬物療法の専門医です。がん治療を進めていく中で腫瘍内科医に紹介されることがあります。

卵巣がんと診断されて動揺したり、これからの治療や生活に不安を覚えたりした場合には不安を和らげるために精神科医を受診することもひとつの方法です。主治医に相談し紹介してもらいましょう。

がんと遺伝の関係が気になったときは、遺伝診療の専門家へ相談することもできます。主治医に相談してみましょう。

栄養士は食事と栄養の専門家です。食事の工夫や栄養指導などにより、しっかりと食べて前向きに治療に取り組めるように手助けします。

患者さんのケアに直接かかわる医療スタッフです。医学的な情報の説明や症状のケア、主治医に言いづらい質問や気持ちの伝達役になってくれるなど、身近で治療を支援してくれます。

抗がん剤などのがん薬物療法についての高度な知識、技術、経験を備えていると認定された薬剤師です。抗がん剤などの投与量や治療スケジュールに間違いがないか確認したり、副作用をより少なくできるような薬物療法を医師に提案したり、患者さんに薬物療法についての詳しい説明を行います。

医師の処方せんに基づいて患者さんに薬を渡し、薬の使い方についての説明を行う薬の専門家です。また、薬の飲み合わせに問題がないかどうかの確認を行ったり、点滴薬や注射薬の調製などを行ったりします。

抗がん剤などのがん薬物療法を受ける患者さんに対して水準の高い看護を実践できると認定された看護師です。抗がん剤などの薬を安全に投与できるように管理したり、副作用に対して適切に対処したり、主治医とともに患者さんとご家族が治療に向き合うためのサポートを行います。

全てのロゴ、登録商標、および外部ウェブサイトのコンテンツは各所有者に属します。