卵巣がんと診断されたら

卵巣がんと診断されたら

がんが発見されたら、がん治療が始まります。診断を受けたら、病気とうまく付き合うための情報を集めましょう。
卵巣がんには様々な種類があります。今後の治療のために、分類、組織型、進行期などについて理解しましょう。

分類

卵巣がんは、上皮、性索間質、胚細胞から発生することが知られています(図1)。発症する場所により、「上皮性腫瘍」「性索間質性腫瘍」「胚細胞腫瘍」の3つに大きく分類されます1)。さらに腫瘍は良性、境界悪性/低悪性度/悪性度不明、または悪性に分けられます(表1)2)

図1 卵巣がんが発生する組織

卵巣がんが発生する組織

1)より一部改変

表1 卵巣がんの臨床病理学的分類2)

卵巣がんの臨床病理学的分類

※臨床的取扱いが境界悪性あるいは悪性度不明の腫瘍に準じることがあるにもかかわらず、ICD-Oコードが悪性あるいは上皮内がんである腫瘍[微小乳頭状パターンを伴う漿液性境界悪性腫瘍、成人型顆粒膜細胞腫、未熟奇形腫(Grade 1~Grade 3)、カルチノイド腫瘍]は、あえていずれか一方に分類せず、両方にまたがるように記載した。

上皮性腫瘍

上皮性腫瘍

卵巣がん全体のおよそ90%が上皮性腫瘍です。上皮性腫瘍は、組織型により、「漿液性がん」「粘液性がん」「類内膜がん」「明細胞がん」の4つに大きく分けられます1)

漿液性がんが多くを占め(約36%)、明細胞がん(約24%)、次いで類内膜がん(約17%)、粘液性がん(約11%)の順となっています(図2)3)

図2 卵巣がんの組織型分類内訳3)

卵巣がんの組織型分類内訳

性索間質性腫瘍

性索間質性腫瘍

性索間質性腫瘍は卵巣がんの4%を占めます1)

胚細胞腫瘍

胚細胞腫瘍

胚細胞腫瘍は卵巣がんの5%を占め、10歳代の小・中学生から20歳代に多く発生します1)

進行期(広がりの程度)

卵巣がんの治療は手術療法が原則です。手術によって腫瘍を取り除くとともにお腹の中(腹腔内)を詳しく観察し、摘出した腫瘍を検査してがんの進行期を判定します。
これは今後の治療方針を決定するうえで、とても重要です。
日本では現在、国際基準に合わせた分類(FIGO分類)を用いています(図3)4)

ステージⅠ(Ⅰ期)

Ⅰ期

がんが卵巣だけにとどまっている状態

ステージⅡ(Ⅱ期)

Ⅱ期

がんが骨盤内に広がった状態、すなわち子宮や卵管、直腸・膀胱の腹膜などに広がっている状態

ステージⅢ(Ⅲ期)

Ⅲ期

がんが骨盤腔をこえて上腹部の腹膜、大網や小腸に転移しているか、リンパ節などに転移している状態

ステージⅣ(Ⅳ期)

Ⅳ期

がんが肝臓や肺などの遠くの臓器にまで転移(遠隔転移:えんかくてんい)している状態

図3 卵巣がんの進行期

卵巣がんの進行期

日本婦人科腫瘍学会(編):患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン 第2版, 金原出版, p154, 2016

進行期の内訳

日本ではⅠ期が48%と最も多く、次いでⅢ期が33%を占めています(図4)5)

図4 卵巣がんの進行期内訳

卵巣がんの進行期内訳

メモ

医師からの説明や自分で卵巣がんについて調べている中で分からないことがあれば、ためらわずに医師に質問するか、書き留めておいて次回の受診時に質問してみましょう。ご家族と一緒に受診するのも良いかもしれません。ご家族はあなたが考えつかなかったり、尋ねるのを忘れてしまったりした重要な質問をしてくれるかもしれません。治療法の選択肢や決定について話し合う必要があるときにあなたを支えてくれるでしょう。

1)日本婦人科腫瘍学会(編):患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン 第2版, 金原出版, p147-149, 2016
2)日本産科婦人科学会/日本病理学会(編):卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い規約 病理編 第1版, 金原出版, p20, 2016
3)関根正幸ほか, 産科と婦人科 2015;82:605-610
4)日本婦人科腫瘍学会(編):患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・治療ガイドライン 第2版, 金原出版, p152-155, 2016
5)日本産科婦人科学会, 日産婦誌2014; 66: 995-1038

全てのロゴ、登録商標、および外部ウェブサイトのコンテンツは各所有者に属します。